読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ学のすすめ

Study of Web Design & Programing

DTD別「DOCTYPE宣言」の記述方法

HTML

「DOCTYPE宣言」とは

HTMLなどの文書において、バージョン及びDTDを文頭に宣言すること

構成要素


  • !DOCTYPE HTML:文書タイプが「HTML」であることを示す

  • PUBLIC:公開されたものであることを示す

  • "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN":公開文書の所有者、種別、記述 、言語を示す

    • 所有者W3Cという団体

    • 種別DTD(大文字)

    • 記述:HTML 4.01(TransitionalまたはFrameset)やXHTML 1.0

    • 言語:EN(英語)

  • "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd":公開文書のURLを示す

HTML 4.01の場合

HTML 4.01 Strict
  • 非推奨の要素や属性を使用できない
  • フレームを使用することができない
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja"></html>
HTML 4.01 Transitional
  • 非推奨の要素や属性を使用できる
  • フレームを使用することができない
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html lang="ja"></html>
HTML 4.01 Frameset
  • 非推奨の要素や属性を使用できる
  • フレームを使用することができる
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<html lang="ja"></html>

XHTML 1.0の場合

XHTML 1.0 Strict
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"></html>
XHTML 1.0 Transitional
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"></html>
XHTML 1.0 Frameset
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-frameset.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"></html>

HTML5の場合

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja"></html>