読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ学のすすめ

Study of Web Design & Programing

「印象派」の絵画とは、どんな絵画なのだろうか?

その他

印象派写実主義

印象派(いんしょうは)または印象主義(いんしょうしゅぎ)とは、

19世紀後半のフランスに発し、ヨーロッパやアメリカのみならず日本にまで波及した美術及び芸術の一大運動である。

引用元:印象派 - Wikipedia

代表的な印象派の画家としてモネセザンヌピサロなどがいます。


関連する用語として写実主義(しゃじつしゅぎ)があります。

現実を空想によらず、ありのままに捉えようとする美術上、文学上の主張のこと。

引用元:写実主義 - Wikipedia

印象派絵画の特徴


Max Liebermann (Wannsee, Berlin) / dalbera

写実主義の絵画と比べると、

  • 主題が強調される一方、写実性に乏しい。
  • 光の動き、変化の質感をいかに絵画で表現するかに重きを置いている。
  • 絵全体が明るく、色彩に富んでいる。
  • 荒々しい筆致が多く、絵画中に明確な線が見られない。